エンタメ

読売テレビで放送事故、生放送中に出演者がブチ切れ!

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」で放送事故ともいえる事態が発生しました。問題となったのはお笑いコンビ・藤崎マーケットが担当する「迷ってナンボ!」という企画。
常連客の性別が分からないため聞いてみる、といった企画に番組コメンテーター若一光司さんが激怒、場が凍りつくこととなりました。

今回はこの放送事故の詳細をまとめてみました。

 

読売テレビの放送事故!若一光司さん激怒

読売テレビ(大阪市)は10日、夕方の報道番組内のロケ企画で「男性か女性かどっち?」と一般客に確認するシーンを放送した。生放送中に、番組コメンテーターで作家の若一光司(わかいちこうじ)さんが「許しがたい人権感覚の欠如」と指摘。同局総合広報部は「プライバシー情報に関する不適切な取材だった。視聴者並びに関係者の皆さまに深くおわびします。事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」と説明している。

報道番組「かんさい情報ネット ten.」で放送されている、お笑いコンビ・藤崎マーケットが、街の人々の疑問を調査する「迷ってナンボ!」と題するコーナー。大阪市内の飲食店を訪ねた2人が「常連客の性別がわからない」との話を聞き、客本人に「性別はどちら」「彼女は?」と質問したり、保険証の性別欄を確認したりした。「おっぱいあります?」と尋ね、客が「ちょっと触ってみます?」と答えると、胸のあたりに触れる場面もあった。「正真正銘の男だったということで、お姉さんに報告へ」「お兄さん、失礼なことを聞いてすみませんでした」というナレーションも入っていた。

VTRを見た若一さんは「個人のセクシュアリティーにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなものをよう平気で放送できるね。どういう感覚ですか、これは報道番組として」「ご本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシュアリティーに関してそういうアプローチをすること自体が、人権感覚、人権認識にもとります」などと批判した。

出典:朝日新聞デジタル

若一光司さんが怒るのは無理もない、といったところでしょうか。昨今のLGBTに対する世間の意識を考えると、今回の企画は常識外れと言えるでしょうね。

生放送でありながらここまで怒りを表現する当たり、よほど頭にきたのでしょう。

放送事故を受け、読売テレビに批判の声

確かに「放送事故」という表現はまるで出演者が悪いように聞こえるね。そもそもの企画の見直し、制作側の反省を求めたいです。

放送事故は想定せず?藤崎マーケットにも批判が

企画の打ち合わせをしている時点で、これはよくないでしょって言う人が一人もいなかったのかね。その感覚が危ない気がする。
藤崎マーケットもこんな形で話題にされるのちょっとかわいそう。ただ、性別不明を面白いと感じる人たちなのかなって思われちゃうよね。
謝罪はもちろんしたけど、これはしばらく叩かれそうだね。番組の存続にも関わるレベル。

放送事故の原因は番組側か?それとも若一光司さんの対応か?

若一さんも言い方やタイミングはあったかもね。ただ、これは怒って当然の事案、怒りを伝えるというところはまったく間違っていないと思う。

読売テレビの制作側は冗談、面白い、でいけると思ったのでしょうね。
最近の状況を鑑みれば甘い判断だった、と言わざるを得ないでしょう。
BPO、放送倫理が厳しく問われる中でテレビ番組制作も大変だとは思いますが、みんなが心から楽しめる番組作りに期待したいです。