社会

茨城・高萩市の卓球部女子が自殺。顧問が「殺すぞ」

茨城県高萩市立中学校の卓球部に所属する女子生徒が、顧問からの暴言を受け自殺するという事件が起こりました。
「殺すぞ」といった発言をはじめとし、指導とはいえないような暴言を繰り返していたようです。

事件の詳細、暴言の内容についてまとめてみました。

高萩市立中卓球部顧問、生徒に向けて「殺すぞ」

 

茨城県高萩市教育委員会が6日に記者会見し、市立中学3年の女子生徒(15)が4月30日に自殺したことを公表した。所属していた卓球部では、顧問の男性教諭が「殺すぞ」などと暴言を吐いたり、激高して用具を床にたたきつけたりするなどの不適切な指導があったという。市教委は第三者委員会を設置し、自殺との関連を調べる。

市教委によると、生徒が残した直筆のメモには、教諭が部活中に、「殴るぞ」「殺すぞ」などと暴言を吐く▽肩を小突く▽用具を床に投げつけ備品をたたく――といった内容が書かれていた。

教諭は学校側の調査に、部員の練習態度が悪いと感じた時に部員全員に向け、こうした言動をしたと認めている。「昨年9月ごろから、部員との関係がぎくしゃくしているように感じた」と話しているという。

生徒は昨年9月に学校が実施したアンケートに「学校生活は楽しい。部活動の時間が長くてつまらない」などと書いていた。亡くなる4月末までは学校に問題なく通っていたが、3月中旬以降は部活動には参加していなかった。

生徒が通う中学校は7日、全校集会を開き、校長が命の大切さを訴えた。涙を流す生徒もいたという。市教委は生徒の心のケアのため学校にスクールカウンセラーを常駐させる。県教委は県内の公立の小中学校長を集めた研修会を9日に開く。

出典:毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00000060-mai-soci

 

先生に叱られる、というのは誰でも経験があることかと思います。しかし、上記の内容を見る限り、叱る、指導する、といったことを通り越してしまっていますね。
「殺すぞ」という発言、さらに暴力的な行動もあったようで受け入れられるものではないでしょう。

顧問もつい感情的になってしまったのかもしれませんが、生徒が恐怖を感じることがあってはならないですよね。

「殺すぞ」の他にも暴言、暴力があった

教育委員会の発表によると、「殺すぞ」の他にも、「殴るぞ」、「馬鹿野郎」といった暴言があったようです。

さらには暴言に留まらず、生徒に手をあげたとの報道も見られます。

生徒の態度も悪かったのかもしれませんが、そこに対する指導としては適切ではなかったでしょう。

色々と同じような問題が起きているのに、自分が当事者になるとは思わなかったのかね、この顧問は。
先生も悩んでたのかもね。そうはいっても、一線を越えてしまっているけど。

顧問の「殺すぞ」は暴言にあたる?

顧問を庇うわけではないけど、「殺すぞ」だとか強い口調での指導を受けた経験を受けた方は結構いるのでは?
厳しい部活動に入っていた自分としては、似たようなこともあったなあと思ってしまった。高萩市の事件の場合、自殺するほど追い込まれるなんて、ちょっと異常を感じちゃうけど。
熱意ある指導と体罰の線引きは難しいかもね。ただ今回は最悪の結果になってしまった。こうなると指導者側の責任は逃れられない。

「殺すぞ」問題に高萩市教育委員会の対応は?

高萩市の教育委員会からも、女子生徒の当時の状況、顧問が行ったとされる「殺すぞ」発言をはじめとした言動について、会見がありました。

同様の事態を防ぐため、真相の究明、再発防止に取り組んでほしいです。

ツイッターの口コミ

ネット上でも顧問の対応を巡って炎上していますね。
生徒が自殺するというあってはならない結末を迎えてしまった本事件、まだまだ尾を引きそうです。