社会

旭松食品の総菜で食中毒、サルモネラ菌を検出。流通先、被害状況は?

長野県の「旭松食品」が製造した病院・老人ホーム用の冷凍食品からサルモネラ菌が検出されたとのことです。
被害情報をまとめました。

旭松食品が製造の総菜で食中毒。流通先は11県に

長野県の食品製造「旭松食品」の工場が製造した総菜からサルモネラ菌を検出した問題で、県は2日、この総菜を食べて下痢などの症状を訴えた患者が11県の101人に上ったと明らかにした。同工場が原因の食中毒と断定、営業禁止とした。
出典:共同通信

病院や老人ホーム向けに流通していたとのことで、被害が心配です。
食中毒になられた方々の回復を祈ります。

旭松食品の食中毒、商品回収の案内も

被害が拡大しないよう、今のうちに周知していきたいね。しかし食品を扱う企業はこういうとき大変だ。。

旭松食品の食中毒、サルモネラ菌検出の原因は?

製造ラインを止めて原因究明しているみたいだね。
複数の件で怒っているから、保管ではなく製造に原因があったのかな?
食中毒の原因になった食品は、賞味期限が長いらしい。被害が拡大しないように回収も進めないとね。

食中毒問題、旭松食品の他商品に影響は?

生産のラインが別だったりとかで、問題が大きくならないといいけど。風評被害が起きないようにしないとね。

幸い死者が出たといった報道はなく、よかったです。
対象製品まで絞り込めているようなので、原因究明、再発防止に取り組んでほしいですね。