スポーツ

【世界リレー】バトンミスの原因は?日本が失格となった理由とは?

世界リレー、男子400メートルリレーの予選で日本チームはバトンミスで失速、さらに失格となってしまいました。
上位争いをしていただけにとても残念です。

身体能力では他国に劣るところがあるとされる日本、リレーは緻密なバトン戦略で得意としているところだと思います。この度起きてしまったバトンミスの原因をまとめてみました。

バトンミスの理由は精神面にあった?

男子400メートルリレーの予選が行われ、3組に出場した日本(多田修平=22・住友電工、山県亮太=26・セイコー、小池祐貴=23・住友電工、桐生祥秀=23・日本生命)は痛恨のバトンミスが出て3番目でゴールに入った。その後、失格と判定され、予選落ちとなった。3走の小池からアンカーの桐生へとバトンをつなぐ際に“お手玉”をしたことで、バトンが空中に浮いた状態で渡ったとみなされた。このレースで何が起きていたのか、小池と桐生のコメントから振り返る。

1走の多田は好スタートを切り、2走の山県も快調に飛ばした。そして小池へとつないだが、小池によると、「2、3(二走から三走)でバトンをもらう位置が真ん中寄りになったので、握手するくらいの間で、若干近い位置で桐生君とはなってしまった」と、このタイミングで、のちの桐生へのリレーに影響が出てしまったと振り返った。

その上で、「桐生君とはいつもの位置くらいでイメージしていたが、持つ位置が少し近づいて渡さないといけないと意識した。体の距離的には悪い位置じゃなかった。バトンが短い状態で持っていたので、近づいて渡さないといけないと思った。桐生君がよろけたのを振り返ったと勘違いしてブレーキをかけたので、そこでぶつかるくらいでつっこんでいけてれば余裕を持っていけたかも」と、さまざまな要素を挙げた。

小池によれば、「練習ではこういうことはほとんどなかった。前日練習でもいい流れで渡せていた」という。「同じミスをしないためにどうしたらいいかもう一度考える。バトン的には不安がなかったので想定外。ファンブルみたいになったことは試合の本番では経験ない」と、考えられないといった様子だった。

桐生は「バトンミスはリレー生活の中でもなかったので、難しさをあらためて感じた。失敗しないだろうという緩みがあったのかもしれない」と精神面の理由も口にした。「集中しないとミスしてしまうことを感じた」と反省した。

出典:デイリースポーツ

バトンパスは得意であると言われてもいるだけに、桐生選手のコメントにあるとおり、「失敗しないだろう」との自負があったのかもしれないですね。

本番となると大きなプレッシャーの中でプレーすることになり、どんなスポーツでも力を出し切るのは難しいと思います。プラス思考で良い経験になったととらえて次に繋げてほしいです。

バトンミスが原因?失格の理由は?

惜しかったねぇ。結局バトンミスで失格とは…選手たちも落ち込むよな。リレーでは起こりうることだけど、今はまだ信じられない気持ちだわ。

バトンミス「お手玉」の原因と理由を分析

3人目の小池選手からアンカーの桐生選手のところでのミスだからね。最後の詰めでプレッシャーあったかな。
最後の最後で残念。技術的じゃなく、私も精神面でのところかなと思っちゃうね。
日本は「アンダーハンドパス」って方式を採用しているって聞いたけど、この方式にも問題あったのかな?他の国は基本的に「オーバーハンドパス」のはず。

バトンミスの原因・理由を各選手がコメント

世界選手権もこれからあるし、そこに向けてがんばってほしい!今回の悔しさを忘れずにいれば次は大丈夫!

ツイッター上での口コミ

期待が大きかっただけに残念です。。
今回のミスを次に活かしてがんばってほしいですね。応援しましょう!