社会

プリウス暴走事故!大津に続いて市原でも保育士が園児庇い負傷

先日大津市で発生した凄惨な事故に続き、千葉県市原市でも公演で遊ぶ園児らの近くに高齢者の運転する車が突っ込む事件が発生しました。
車種はプリウス、ネットでは「プリウスミサイル」なんていう不名誉な言葉も生まれてしまっています。

プリウスが危険なのか、運転者が注意不足なのか、事故の詳細をまとめてみました。

 

市原市の公園にプリウスが突入

 15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西2の公園に乗用車が突っ込んだ。砂場で遊んでいた保育園児をかばった女性保育士(30)がはねられ、右足首を骨折する重傷を負った。現場に一緒にいた20代の保育士と、いずれも2歳の園児5人にけがはなかった。

県警市原署は運転していた近くの自称無職、泉水(せんすい)卓容疑者(65)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、泉水容疑者は容疑を認め、「ブレーキを踏んでいたのに車が急発進した」と供述している。公園内の砂場から約14・5メートル離れたコインパーキングを出るため、車に乗ったまま窓越しに料金を払おうとした際に急発進したとみられる。道路を横切り、金網のフェンスを突き破って砂場に進入したため、女性保育士がとっさにそばにいた園児1人を突き飛ばして衝突を回避したが、自身は逃げ遅れたという。

保育園の運営会社の担当者は取材に「(園児ら16人が死傷した)大津の事故を受けて市原市から注意喚起があったので、園児の見守りをより注意深く行おうと呼びかけていた。最悪の事態を免れることができて良かった」と話した。

出典:毎日新聞

先日の大津市の事故に続き、またも保育園児らの近くで事故が起きてしまいました。幸い今回の市原の事故では死者が出なかったようです。

運転していたのは泉水(せんすい)卓容疑者、年齢は65歳と出ています。高齢者の事故が続いており、対策が求められます。

相次ぐ高齢者×プリウスの事故

池袋の次は市原か。高齢者ドライバーへの注意喚起だけでは無理があるのかな。しかし、確かにここまで多いとプリウスにも原因があるのかと思ってしまうね。

大津市と同じく市原市でも保育士が被害

大津市は散歩中、市原氏は公園の砂場で遊んでいるところか。もはや保育士さん、気が休まる時がないね。仕事とはいえ大変だ。
全責任を保育士には転嫁できないよね。園児たちを思うと何とかしてほしいと思っちゃいがちだけど。
園児たちもトラウマにならないようにケアしなきゃね。プリウスミサイルなんて言葉知らんだろうけど、同じ車見て恐怖感じるとかなっちゃったらかわいそう。

市原市のプリウス、逆走していた?

うーん、逆走だとしたらやはりプリウスではなく運転手側の問題だよね。

市原市の事故、とにかく死者が出なかったのは不幸中の幸いです。
連続して事故の報道が流れていますね。運転される方は過信せず、安全運転でいきましょう。