エンタメ

ZOZOの前澤社長、所有の美術品を売却へ

ゾゾの前澤友作社長が、所有する美術品の一部を売却するとの報道がでました。
スタートトゥデイの業績悪化が不安視される中で自身の資産も売却となり、景気が悪いのでは、と勘繰ってしまいます。

本業と共に注目を集める前澤氏の絵画、美術品などの資産について調べてみました。

前澤社長が所有する美術品を競売に

ZOZO前澤友作社長(43)が4日、ツイッターを更新。所蔵するアンディ・ウォーホルの絵画などの現代アートの作品を今月16日に開催されるサザビーズのオークションに出品することを明らかにした。

前澤氏が海外のオークションに所蔵品を出品しているという情報はネット上で駆け巡っていたが、この日、ツイッターで「アート作品を5月16日のサザビーズオークションに数点出品します。大切に引き継いでくださる方にお譲りします。」とツイート。正式に出品を報告した。

ツイッターには、現代アート界を代表するアメリカの画家、芸術家、ウォーホルの「FLOWERS」、同じく20世紀のアメリカンアートを代表するエド・ルシェの「BONES IN MOTION」の写真を投稿している。コンテンポラリー(現代)アートセールスで少なくともこの2点は出品されるようだ。

前澤氏は2月7日のツイッターに「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください」とつぶやき、更新をストップ。約2カ月半の沈黙を破り、4月25日に再開していた。

出典:デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000152-dal-ent

アンディ・ウォーホルの絵画など、どれも億単位で取引される代物と思われます。こんな美術品を複数点所有しているんですね。

一代で築き上げた資産、ビジネスセンスはもちろんですが、美術に造詣が深いところもさすがです。

4月にも前澤社長が美術品を競売に?

総資産2800億円超ともいわれる、株式会社ZOZOの前澤友作・代表取締役社長(43)が築いた「帝国」に暗雲が立ち込めている。

「英国の競売会社・サザビーズが、4月1日に香港で開催するオークションに、前澤友作社長が所有しているという美術品が複数出品されるという情報が、話題になっていました」(経済部記者)

なんと、収集した美術品が競売にかけられたのでは、というのだ。サザビーズのウェブサイトには、前澤氏が所有しているとされる作品と同じものが、複数出品されていた。

現代アーティストのジョージ・コンドの絵画や、正体不明のアーティスト・バンクシーの作品など……いずれも億円単位で取引される代物だ。

出典:週刊FLASH
http://news.livedoor.com/article/detail/16253893/

総資産が2800億円とか言われると、今回の出品なんて氷山の一角に思えちゃうね。
ビジネスのためなのかなあ。。にしても、剛力彩芽との交際とか世間が好きそうな話題を色々作ってくれるね。笑

 

前澤社長コレクションは美術品だけではない!

前澤氏は、スーパーカーの収集家としても有名だ。子供向けの「スーパーカープロジェクト」を進めていたが、変化はこちらにも見られる。ある会社経営者の知人の弁。

「以前ならば、ポンッと新車を買っていたが、最近買ったと聞かない。プロジェクトに使う車も、前に買った車だし」

金欠疑惑だ。美術品、スーパーカーについてZOZOの広報部に確認すると、「個人の資産、活動に関することでございますので、会社としての回答はいたしかねます」と回答があった。

出典:週刊FLASH
http://news.livedoor.com/article/detail/16253893/

これ、自分が乗るために買ってるわけじゃないんだね。美術品と同じ感覚かなあ。
スーパーカープロジェクトなんてのを立ち上げてたんだ。子供に夢を与える企画って意味では、応援できる!

前澤社長の美術品売却、理由は何なのか?

色々と言われているけど、そりゃ本業が厳しいからじゃないの?「金欠」なんて報道もでているし。

芸術に飽きた、なんて声もあがってるけどそれはないんじゃないかなあ。そもそも金持ちが美術品を売却するなんてザラにあることでしょ。

資産の保全のために美術品購入してたんだろ?それを売却したってだけ。現金が必要だか何だかは分からんけど、本人からしたらたわいのない一行動なんじゃない?

ネット上での口コミ

巨大な資産を持っているだけに、その一挙一動に注目が集まってしまいますね。
平成の時代に築いた名声・資産を令和でも継続できるよう、がんばってほしいです!