エンタメ

百田尚樹、佐藤浩市の「体制側の立場」発言に激怒!空母いぶきインタビュー

 

百田尚樹さんが、俳優の佐藤浩市さんの発言を巡って怒りを露わにしています。問題としたのは雑誌に掲載された「空母いぶき」を巡る佐藤さんの発言。

百田尚樹さんが怒った理由・原因をまとめてみました。

 

百田尚樹さんが佐藤浩市さんに激怒した理由

構成作家の百田尚樹氏(63)が12日、ツイッターを更新し、俳優の佐藤浩市(58)に言及した。

一部漫画雑誌に24日公開の映画「空母いぶき」で首相役を務める佐藤のインタビューが掲載された。

その中で、佐藤は「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と発言し、首相役を虚弱体質に変更したとされる。

安倍晋三首相(64)が難病の潰瘍性大腸炎に苦しんだことを想起させる内容となった。

これに対し、百田氏は「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」と大激怒。

「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今後、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」と、絶縁宣言を叩き付けた。

「佐藤浩市の『下痢する首相にしてもらった』というインタビュー記事が、大炎上してる。おそらく明日あたり制作会社がコメントするだろうな」と騒動の広がりを当然と受け止め、怒りが収まらない様子だった。

百田氏は大ヒット映画「永遠の0」の原作者などで知られる。

出典:東スポWeb

どうやら原作のキャラクター設定について、佐藤浩市さんが注文をつけたようですね。これに対して作家でもある百田尚樹さんが激怒してしまったようです。

どちらも職業柄作品にかける思いが強く、意見が対立してしまうこともあるでしょう。
ただし、インタビューでこのような発言をしてしまったのは不適切でしたね。

空母いぶき「体制側の立場」発言が波紋を呼ぶ

佐藤浩市さんの発言を問題視する声が上がってるね。公開を前に思わぬ宣伝効果(?)にはなった?まあ見なくなっちゃう人も多そうだけど。

佐藤浩市の発言は安倍首相の潰瘍性大腸炎を揶揄している?

演じるのが首相役、それに対して「胃腸が弱い」といった表現をしているのだから、意識して発言していると思われても仕方ない。
本人は知らず、意識せずで発言しているのかもね。それはそれで問題だけど。。
やや言葉狩りっぽい気もするけどね。原作設定に変更を申し立てたこと自体は問題だろうけど、胃弱の発言については世間も気にしすぎじゃないかな。

佐藤浩市インタビューの制作会社は謝罪を行うのか?

「体制側の立場」、「下痢する首相」発言を撤回するわけにもいかんしね。もし謝罪するなら、どういう形になるんだろ?

佐藤浩市さん、本当にこの通りに発言していたのだとしたら、百田尚樹さんの言うことももっともですね。
人気のある放送作家 VS 俳優であり、業界の中でも注目を集めていそうですね。