エンタメ

橋田壽賀子にパワハラとの声も。文春砲でえなりかずきの共演拒否を告白

既にネット上でも物議を醸しているえなりかずきさんと泉ピン子さんの「渡る世間は鬼ばかり」共演拒否の問題、
これを語った橋田壽賀子さんへの批判的な声もあがっています。

ツイッターの情報をまとめました。

橋田壽賀子の文春砲、えなりかずきへのパワハラか

国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かした。

「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる嫁姑や親子関係など家族の問題をリアルに描いてきた。泉ピン子は主人公の小島五月を、えなりは五月の長男・眞を演じている。だが、二人は2015年に放送された特番を最後に、以降は共演をしていない。今年9月16日に放送された特番でも、同じシーンに登場することはなかった。

 橋田氏は「週刊文春」の取材に、こう語った。

「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

 さらに橋田氏はこう語る。

「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって」

 また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。

 えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答した。

 小誌の取材に、泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えた。

 10月3日(木)発売の「週刊文春」では、“渡鬼”で何が起きていたのか、橋田氏が小誌だけに打ち明けた胸の内、えなりの母とピン子の対立、えなり家の事情などについて詳報する。

出典:文春オンライン

確かに上の記事だけだとえなりかずきさんのことを思いやるというよりは、「渡る世間は鬼ばかり」の脚本を優先しているようにも見えてしまいますね。。

橋田壽賀子の文春砲に批判の声も。えなりかずきへのパワハラ?

出演者を思っているなら適切な発言ではなかったかもね。ハラスメントと言われても仕方ないのかも。

橋田壽賀子、えなりかずきの泉ピン子共演拒否発言が炎上気味

ツイッターの声を見ると橋田壽賀子さんに批判的な声が多いね。
有名な脚本家という立場だから、出演者に無理強いさせているというふうに取られたかな。実際に無理やり出演させてはいないけど、発言がパワハラのように見えなくはないかも。
えなりかずきさんは発疹が出るとか体調の不安を訴えるほどなのだから、その重要さを分かっていないようには見えちゃうね。

えなりかずきさんを擁護、橋田壽賀子さんの文春砲を批判する声が多数

確かに立場が弱いのはえなりかずきの方だから、橋田壽賀子さんのパワハラに見えてしまうね。

文春発売前から既に炎上していますね。
橋田壽賀子さんの発言真意、共演NGの理由の真相、気になることがたくさんあります!